医薬品とサプリメントの違い

医薬品とサプリメントの違い

最近は、多くのサプリメントが販売されています。
健康や美容のために何かしらサプリメントを摂取しているという人も多いのではないでしょうか。 

このサプリメントは医薬品と同じものだと思っている人もいるようですが、この2つは全く異なるものです。
では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

医薬品は、特定の疾病に対して効果があるものです。
薬事法で指定され、服用するときは、医師の処方箋が必要になります。
服用量や服用方法は医師の指示に従わなければいけません。
薬には、疾病を治癒する効果がありますが、薬によっては副作用が出るものもあります。
使用期間は、疾病が治癒するまでと限定されているので、長く服用を続ける必要はありません。

サプリメントは、普段の食生活で十分に摂ることができない不足しがちな栄養成分を補充する目的で作られたものです。
疾病の治療ではなく、健康保持や健康の増進効果を期待することができます。
サプリメントを摂取することで病気が治るということはありません。
薬ではないので、医師の処方は必要なく、誰でも希望する商品を購入することができます。
最近は、ドラックストアや通信販売などで気軽に購入することができます。
また、サプリは一時的な摂取では十分な効果を期待することができません。
ある程度の期間摂取を続けて、徐々にその効果を実感することができます。
毎日のみ続けることが重要です。

サプリメントと医薬品は異なるものということを理解しておきましょう。