サプリメントの注意点

サプリメントの注意点

ビタミン、カルシウム、βカロチンなど、さまざまな栄養が手軽にとれるサプリメントは、今やコンビニでも買えるほど一般的となりました。
忙しい日常、コンビニ弁当やファストフードで食事を済ませてしまう現代人の強い味方となりつつあります。

手軽にとれる強い味方のサプリメントですが、その服用にあたっては注意も必要です。
適正量を守って、正しく服用することはもちろんですが、持病により薬を飲んでいる方は、飲み合わせに問題がないか、主治医や薬剤師に確認が必要です。
抗生物質や抗菌薬、骨粗鬆症の薬などはカルシウムと結合しやすい性質を持っています。

他にも、ワルファリンという、血液を固まりにくくして、血栓ができるのを防ぐ作用がある薬は、ビタミンによってその作用が弱められてしまうことが知られています。
そのため、ワルファリンを飲んでいる方は、ビタミンKを多く含むクロレラなどは摂取を控えなければなりません。

また、カルシウム拮抗薬は、グレープフルーツでその血中濃度が高めます。このように、注意が必要なのはサプリメントだけではありませんので、薬を飲んでいる人はサプリメントを飲んではいけないということでは決してありません。
自分が飲んでいる薬について十分理解し、その上で健康管理のためにサプリメントを活用すれば問題ありませんが、自己判断は注意が必要です。
たかがサプリメントと考えずに医師や薬剤師に相談をし、適正量を守って健康管理にお役立てください。